【ブレイジングオデッセイ(ブレオデ)】リセマラは約10分。方法と当たりユニットについて

1

ブレイジングオデッセイ(ブレオデ)のリセマラ方法と当たりキャラ(ユニット)について解説していきます。

ブレオデのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android

スポンサーリンク

ブレオデのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:約10分
  • ガチャ(召魂)から最高レア度が出る確率:不明

ブレオデのリセマラ所要時間は約10分ですが、通信環境が良好でリセマラ作業に慣れてくれば10分は切れるかと思います。

ガチャ(召魂)で手に入る当たりユニット(☆6進化可能なユニット)が出る確率は不明ですが、それなりの確率で出るようです。

しかし、リセマラで10連ができてしまうため、今度は「何体狙うか」という問題が生じます…。

リセマラ自体は一般的な方法であるアプリ(データ)削除でできるので、満足できる結果を目指してがんばっていきましょう。

リセマラの流れ

  1. 規約に同意
  2. 更新データダウンロード
  3. オープニング
  4. 戦闘チュートリアル
  5. データダウンロード
  6. 名前入力
  7. 召喚獣選択
  8. 1章が始まる
  9. ☆3確定のチュートリアル召魂
  10. ホーム画面へ
  11. プレゼントを受け取る
  12. 召魂
  13. 満足いく結果が得られたらリセマラ終了

リセマラ方法の詳細

規約に同意すると更新データダウンロードが始まります。

これは普通のデータダウンロードとは異なり、そこまで時間がかからずに終わります。

続いてオープニング、戦闘チュートリアルと続いていきます。

画面右上にMENUが出てきたら、それをタップすることでSKIPボタンが表示されるのでスキップ可能になります。

2

バトルのチュートリアルではスキルの説明がありますが、通常攻撃をしていたほうがテンポよく進むのでポチポチ連打しておきましょう。

3

その後、データダウンロードとなります。

4

データダウンロード終了後、プレイヤー名を入力します。

5

名前は後から変更できるので、デフォルトの名前のまま進めてしまって構いません。

そしてパートナーとなる召魂獣を選択します。ここは好みで選びましょう。

6

シナリオを飛ばしながら進めていくと1章が始まります。

クエストを1つクリアしなければなりません。

7

8

バトル中は画面右上のMENUからバトルスピードの変更ができます。また、オート機能も使用できます。

9

ここでようやくチュートリアル召魂です。

☆3確定なのでここはあまり期待せず…。

10

はい。

11

その後、ホーム画面に行けるので、画面右上にあるプレゼントボックスからプレゼントをごっそり受け取ります。

おそらく神輝石が90個になるのではないかと思います(開始時期によって異なる可能性はあります)。

再調査時点では80個でした。

12

プレゼントを受け取ったらスタートダッシュ召魂で10連をします。

リリース直後はスタートダッシュ召喚がありましたが、今はもうないようです。

ストーリーを進めて神輝石を100個まで貯めて、召魂祭で10連をするのが良さそうです(召魂祭が開催されている場合のみ)。

16

あるいは単発でできる召喚を何回かすることになります。

☆3以上確定なら青、☆4以上確定なら赤、☆5以上確定なら金色になるようです。この後で色が変わる場合もあるようですが、私の時は起こりませんでした。

14

肝心の結果がこちら!

15

☆6まで進化可能なユニットが2体出ていますね。

この段階ではまだ神輝石が残っていますが、この後で単発召魂をしたところで微妙ですし、むしろ10連をするために残しておいた方が良いかと思います。

ですので、10連で良い結果が得られなければアプリ(データ)を削除して最初の手順に戻りましょう。

ブレオデのリセマラ当たりユニットは?

ブレオデでは一部のユニットが☆6まで進化可能であるため、その☆6進化可能なユニットを当たりと捉える考え方が主流です。

具体的なユニット名についてはリセマラの当たりランキングを作っているサイトを参考にした方が正確です。

更新頻度が高く、リセマラランキングを掲載しているサイトは今のところgame8アルテマです。

ランキングを見るのであればそちらのサイトがおすすめです。

立派なランキングを作っていても、更新されていないと全然あてになりませんからね。

人によっては☆6進化ユニットを4体以上引いている人もいるようです。

落としどころが難しいですが、リセマラをがんばっていきましょう!

ブレオデのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android