【CODE OF JOKER Pocket】リセマラ方法の解説。当たりが分からなかったらSRをたくさん狙おう

CODE OF JOKER Pocket(コードオブジョーカー ポケット)のリセマラ方法と当たりカード、カードの作成/分解などについて解説していきます。

コードオブジョーカーポケットのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android

スポンサーリンク

コードオブジョーカーポケットのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:6分
  • ガチャから最高レア度が出る確率:不明

コードオブジョーカーポケットは一般的なアプリ(データ)削除でリセマラが可能です。

チュートリアルをクリアすることでカードパックが手に入りますが、事前登録特典でBasic Packが80パック(カード240枚)が手に入るので、チュートリアルはすっ飛ばしてリセマラをした方が効率的です。

ただし、事前登録特典が受け取れるのは2月5日までとなっています。

また、各レア度別の排出率は不明ですが、未所持のカードも作成可能なので、その点は嬉しいですね。

リセマラの流れ

  1. 規約に同意
  2. データダウンロード
  3. チュートリアル(スキップ可能)
  4. プレイヤーネーム入力
  5. パック開封
  6. リセマラ終了or継続の判断

リセマラ方法の詳細解説

規約に同意してデータダウンロードが終わったらチュートリアルが始まります。

初回はしっかりと受けておいた方が良いと思いますが、2回目以降はスキップしてしまっても構いません。スキップは画面左上から行えます。

チュートリアルをクリアすることでカードパックが手に入るものの、事前登録特典が受け取れるうちは気にしなくてよいでしょう(2月5日まで)。

チュートリアルは4回のバトルを通じてルールを学んでいきます。

かいつまんで説明すると以下のような感じになります。

  • ターン制のカードバトル
  • カードを使ってユニットを召喚し、相手プレイヤーを攻撃
  • 相手のライフを0にしたら勝ち
  • 相手ユニットを倒すと自ユニットのレベルが上がって強くなる
  • ユニット、進化、トリガー、インターセプトの4種類のカードを上手く使っていく

チュートリアルの完了報酬はBasic Pack×10(カード30枚分)などです。

チュートリアルをスキップしても後から受けることができます。

チュートリアルが終わるとホーム画面から自由に行動できるようになります。

プレゼントの受け取りは不要なので、いきなりパック開封に向かいましょう。

パック開封についての説明があるのでサクッと終わらせてしまいます。

そして改めて、Basic Packを選択して開封していきます。

事前登録特典!!と書かれたパックは中身が固定なので、リセマラ中は開けても開けなくても構いません。

好きなように開封しましょう。

私はBasic Packだけ、束で開封して演出はスキップしました。

この時はSRが3枚出ました。

パックを開封することでミッションがクリアでき、さらに3パック手に入ります。

また、デッキ編成を行うとBasic Pack×5が手に入ります。事前登録特典が貰えなくなった際には活用したいですね。

それらも開封して納得いく結果となればリセマラ終了、そうでなければアプリ(データ)を削除して最初からとなります。

リセマラの当たりについて

カードゲームの場合、リセマラの当たりの判断は比較的難しいです。

基本的には高レア(SR)が当たりと言えますが、下手なことも言えないので大人しく攻略サイトに丸投げしようと思います。

今のところ一番充実していそうなリセマラランキングは「COJポケットの最新リセマラランキング!」です。

また、Game8の攻略Wikiも更新が活発なようです。

いずれにしてもSRのカードがリセマラランキングの上位に位置しているのは確かです。

特定のカードを狙っていきたい場合は参考にしてみてください。

カードのレアリティ

カードのレアリティは6種類あります。

  • PR
  • SR
  • VR
  • R
  • UC
  • C

このうちPRは特殊なレアリティで、作成や分解ができません。

事前登録特典のパック(Basic Pack以外)で手に入るカードもPRに分類されています。

ガチャ的な意味での最高レアはSRになるので、リセマラでもSRを狙っていくのが良いでしょう。

カードは 作成/分解 が可能

例えばSRの冥王ハデスを持っていたとします。

持っているカードは分解してRPに換えることができます。

あるいはRPを消費して作成することもできます。

持っていないカードについても作成が可能です。

持っていないカードの画面を開くには、デッキ編成画面の「フィルター」で「未所持カード」にチェックを入れればOKです。

フォイルカードについて

通常のカードと異なる光沢処理が施されたカードをフォイルカードと言います。

性能は通常のカードと同じですが、キラキラしていてレアな感じがプンプンしています。

また、作成/分解にかかるRPは通常のカードより高めになっています。

作成しようとすると大変なので、見た目にもこだわりたい人はリセマラ中に狙うのも有りかと思います。

最後に

CODE OF JOKER Pocket、頭文字を取ればCOJPとなり、co.jpっぽいなぁと勝手に思っていました。

事前登録特典が受け取れるうちは楽しくリセマラが出来るので、リセマラをするならお早めに!

コードオブジョーカーポケットのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android