【ぐるモン】リセマラ方法の解説!当たりぐるモンと攻略のポイント

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b30

王道モンスター育成RPG「ぐるモン」のリセマラ方法と当たりぐるモン、攻略のポイントについて解説していきます。

ぐるモンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android

スポンサーリンク

ぐるモンのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:11分
  • ガチャから最高レア度が出る確率:10%

ぐるモンのリセマラは一般的なアプリ(データ)削除で行えます。

また、ガチャから最高レア(☆5)が出る確率は10%と高めです。

リセマラをするのであれば是非とも☆5を狙っていきましょう。

リセマラの流れ

  1. 規約に同意
  2. データダウンロード1回目
  3. キャラクター決定
  4. チュートリアル
    1. クエスト×2回
    2. ガチャ
    3. チーム編成
    4. 誕生日入力
  5. データダウンロード2回目
  6. プレゼント回収
  7. ガチャ×5回
  8. リセマラ継続or終了の判断

リセマラ方法の詳細解説

規約に同意すると1回目のデータダウンロードとなります。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b31

データダウンロードが終わったらキャラクターを作ります。

名前には ひらがな か カタカナ しか使えません。アルファベットや漢字はNGです。

ゲーム開始後でも、名前はおろか性別まで変更可能なので、ここでは特に悩まず決めてしまいましょう。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b32

キャラ作成が終わるとストーリーとともにチュートリアルが始まります。

会話部分は画面右上のスキップボタンから飛ばせるので、必要に応じて活用しましょう。

バトルは基本的にオートで進行するシンプルなものとなっています。

攻撃をする時と攻撃を受けるときにタイミングよくタップをするとサポート成功となり、プレイヤーに有利なボーナスが発生します。

あとはスキルを使うくらいですので、アクションやパズルが苦手な人でも楽しめるバトルとなっています。

また、画面左下のボタンで進行スピードを速くすることができます

初戦から使えるのでどんどん使っていきましょう。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b33

クエストを2回クリアしたらチュートリアルガチャに移行します。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b34

期待せずにポチっと押したところ…

なんとチュートリアルガチャでも☆5が出ました!

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b35

金の箱なら☆5、銀の箱なら☆4のぐるモンが手に入るようです。

この後、チーム編成の説明と年齢確認があり、それらが終わるとチュートリアルも終了となります。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b36

ホーム画面から自由に行動できるようになるので、画面右上のプレゼントボックスからクリスタルを受け取り、ガチャに向かいます。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b37

10連はできないものの、単発で5回ガチャができるので☆5が出ることを祈りつつガチャります。

ここで納得のいく結果が得られればリセマラ終了で、そうでなければリセマラ続行となります。

リセマラの当たりぐるモン

☆5のぐるモンが当たりです。

☆4と比べると最大レベルの違いもあってか、☆5の方がかなりステータスが高いです。

また、☆5の中でも上ぐるモンはバトル中に任意でスキルを発動できるので、どちらかと言えば上ぐるモンの方が目立つとは思います。

とはいえ、ステータスは上ぐるモンと下ぐるモンの合算値が使われる上に、下ぐるモンだからといって攻撃力が低いというようなこともないので、リセマラの際にはあまり気にする必要は無さそうです。

攻略のポイント

チーム編成のコツ

  • 攻撃時は上ぐるモンが担当
  • 防御時は下ぐるモンが担当
  • ステータスは両ぐるモンの合算
  • 上ぐるモンが小さく、下ぐるモンが大きいほど安定する

といった仕組みになっているので、できれば上ぐるモンは有利属性にしてクエストに挑みたいところです(もちろん、理想は上下とも有利属性)。

とはいえ、序盤はなかなかそうもいかないでしょう。

そこで、序盤は敵がそこまで強くないので、上下とも攻撃力重視でユニットを組ませると良いです。

どのみち敵の攻撃はたいして痛くないため、高い攻撃力でドンドン倒していった方が効率的です。

また、ぐるモンにはS,M,Lの3種類のサイズがあります。

上ぐるモンが小さく、下ぐるモンが大きいほどユニットの安定度が増し、ぐらつき状態や転倒状態になりづらいです。

この点も、チーム編成の際には意識したほうが良いです。

リーダーのユニットはカリスマを高めにしていきたい

カリスマはクエストで獲得できる報酬に関係するステータスです。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b310

リーダーユニットのカリスマが高いほど、クエストクリア時に追加報酬が発生する確率が上がります。

カリスマは同じ種類のぐるモンを合成することで上げていくことができます。

つまり、入手難易度の関係で☆4ぐるモンの方が☆5ぐるモンよりもカリスマを上げやすいです。

じゃあせっかく手に入れた☆5ぐるモンはどうすれば…と思うかもしれませんが、それはサブユニットに入れて使っていきましょう。

リーダーもサブも☆5で埋められるようになってきたら、カリスマの追加報酬メリットと、☆5ぐるモンの純粋な優位性とを比べて判断することになります。

進化によって上下の種別が変化することも

始めたばかりで気にしすぎるのも微妙ですが、進化によって上下の種別が変化するぐるモンもいます。

例えば、☆4のロロは下ぐるモンですが、進化すると…

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b38

上ぐるモンのロロンになり、スキルも一気に攻撃寄りのものになります。

%e3%81%90%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%b39

こういったぐるモンもいるので、進化できるぐるモンがいたら、「ぐるモン⇒進化合成」から確認しておくと楽しそうです。

また、サイズも変わる場合があるので、スタメンで使っているぐるモンを進化させる際には気をつけておきましょう。

最後に

ぐるモン、バトルはシンプルですが、王道モンスター育成RPGを自称しているだけあって育成のやり込み要素はそれなりです。

上下のバランス、属性、性格を意識したチーム編成に加え、カリスマや血統値、さらにはキズナといった要素まであります。

ぐるぐる通信がすれ違い機能を用いているため、出不精の人には厳しい気がしますが、あとはそこで手に入る秘伝書の重要度によりますね…。

ハマる人はけっこうハマれそうな、そんなゲームだと思います。

ぐるモンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android