【光を継ぐ者】リセマラ不可。序盤の流れとゲームの雰囲気について

シェアできるよ

『光を継ぐ者 -HEIR OF LIGHT-』にはガチャがあるものの、ゲーム開始直後にガチャに必要なアイテムが手に入らないためリセマラはできません

ただし、データ削除は可能なので、イベントやお詫びで配布があった場合にはリセマラが可能となります。

光を継ぐ者のダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android

スポンサーリンク

光を継ぐ者の序盤の流れ

チュートリアル終了までの流れを解説していきます。

概要

  1. 解像度設定、オープニング
  2. 名前入力(変更、重複不可)
  3. マスター錬成
  4. チュートリアル
    1. バトル
    2. 召喚(ノーマル)
    3. 戦闘×1回
    4. 召喚(ノーマル)
    5. 戦闘×2回
  5. 以後、自由に行動可能

序盤の流れの詳細解説

最初に解像度設定を行い、オープニングが終わるとゲームスタートです。

まずは決死隊の名前(プレイヤー名みたいなもの)を入力します(重複、変更ともに不可)。

ときどき流れるムービーは画面右上からスキップ可能です。

続いてプレイヤーを助けるマスターを選択します。

ここで選択できるのは左側の3人(サイアード、ミヤ、ビョルン)のいずれかです。

  • サイアード…水属性/遠距離攻撃型
  • ミヤ…森属性/回復型
  • ビョルン…火属性/近距離攻撃型

マスターのタイプは以下の4種類が用意されています。

  • 攻撃型…敵にダメージを与えて殲滅
  • 支援型…バフをかけてチームをサポート
  • 回復型…味方の体力回復
  • 防御型…ヘイトを上げて味方の代わりに敵の攻撃を受ける

【最初は攻撃型がオススメ】

回復型のミヤは、少なくとも序盤では火力不足により戦闘が長くなる印象を受けました。

他のマスターも後から錬成可能になることを考えると、最初は攻撃型のサイアードかビョルンにしておいた方が楽に進められそうです。

なお、右側の2人はエピソード4をクリアすると解放されます。

このあと、チュートリアルが始まります。

バトルはオートで進行し、スキルを好きなタイミングで発動させて戦います。

その後、ノーマル聖継石で召喚を1回行います(手に入るキャラはモブで固定)。

そして手に入れたキャラを編成し、戦闘を1回行います。

戦闘スピードのアップはできますが、まだオート機能は使えません。

このあと、2回目のノーマル聖継石を行い、さらに戦闘を2回行うとチュートリアル終了となります。

3回目の戦闘からはオート機能が使えるようになります。

チュートリアルが終わったら自由に行動可能となります。

一応、郵便箱を確認してから召喚に向かってみましょう。

このタイミングでレア聖継石あるいはレア召喚ができれば良いのですが、調査時点では1回もできませんでした。

ノーマル聖継石は1つ持っているので、☆3狙いでリセマラをしたい方はしてみてもよいでしょう(ここまでの所要時間は7分程度)。

クエストを見ると、「教団の領地12-3」をクリアするとゲンマ300個(ガチャ3回分)が手に入るようでした。

それまでの間にも入手できる機会があるかもしれませんが、ガチャがしやすくはなさそうです。

データの削除方法

光を継ぐ者にはデータ削除(アカウント削除)機能が備わっています。

リセマラができるようになったタイミングや、最初に選ぶマスターを変えたいと思ったときなどに活用しましょう。

まずホーム画面右上の歯車アイコンでオプションを開き、左下にある「アカウント削除」を選択します。

そして、入力欄に「直ちに削除」と入力し、アカウント削除をタップすれば削除が完了します。

最後に

せめて1回くらいガチャがしたかったです…。

光を継ぐ者のダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS   ⇒Android