【オービットレジェンド】リセマラで優先したいのは召喚タイプと二つ名付き?ガーディアンの各タイプの特徴と使い分け

オービットレジェンドのガーディアンにはタイプ(Type)という概念があり、以下の3種類があります。

  • 召喚タイプ
  • スキルタイプ
  • 防衛タイプ

これらを理解しておくことで、クエスト時や防衛時にうまくガーディアンを扱うことができます。

スポンサーリンク

ガーディアンの各タイプの特徴と使い分け

召喚タイプ

22

召喚タイプはクエストで召喚して一緒に戦うのに向いているタイプです。

他のタイプに比べ、ユニット特性が召喚して使うのに向いた内容になっています。

反面、スキルのクールダウン時間は長めで扱いづらく、防衛時のサブユニットも弱めです。

詳細は後述しますが、召喚タイプのガーディアンは序盤に1、2体は手に入れておきたいところです。

スキルタイプ

23

スキルタイプは戦闘スキルを活用していくのに向いているタイプです。

スキルの効果が強力で、かつクールダウン時間も短めに設定されています。

一方で、ユニット特性が無かったり少なかったりする上に、防衛時のサブユニットも召喚タイプと同様に弱めです。

防衛タイプ

24

防衛タイプは、オービット戦などで星島に配置するのに向いているタイプです。

ユニット特性が防衛向きな内容になっているほか、防衛時のサブユニットも強力です。

その代わりに戦闘スキルは扱いづらく、また特性が防衛向きなので召喚にも向いてない場合が多いです。

どのタイプをどのように使うのも自由

ガーディアンは必ずどれかのタイプになっていますが、必ずしもそのタイプに合った使い方をしなければならないというわけではありません。

召喚タイプであっても、スキルを使いたいと思えばスキル要員として連れていき、召喚せずにスキルを使っても良いです。

その辺りを考えてチームを組んでいくのが楽しみの一つでもあります。

リセマラには召喚タイプがオススメ

ゲーム開始直後から序盤にかけては、主人公のサマナーはとても弱いです。

そのため、ガーディアンを何体か召喚して戦わせていないと負けてしまいがちです。

極端な話、スキルは使わなくても勝てますし、防衛もはじめのうちは気にしなくても大丈夫なので、リセマラでは☆5の召喚タイプのガーディアンを狙うのが良さそうです。

☆5の召喚タイプのガーディアンの一例

  • 円卓の統帥 グィネヴィア
  • コノハナサクヤ
  • ランプの精 ジンニー
  • 円卓の除名者 モルガン
  • 敬虔の聖女 グィネヴィア
  • 妖精騎士 オベロン
  • 次元の光騎士 ガウェイン
  • 次元の燐剣士 ティタニア
  • 焔竜の狂戦士 ウェニシア
  • 霧竜の術士 エルフィ
  • 影竜の剣士 ダークフェルド
  • 星竜の騎士 エスティ
  • 円卓の統帥 アーサー

二つ名付きの方がより良い?

召喚ガーディアンの一例を眺めていると、二つ名の付いているガーディアンと付いていないガーディアンがいることに気づきます。

25

これは完全に推測なのですが、二つ名が付いている方が強い、レアなのではないかと思います。

何となくです。

もし気になるようであれば、二つ名付きのガーディアンを狙った方が良いかもしれませんね。

※追記

コメントにて、二つ名と強さの関係がなさそうという情報をいただきました。

おそらく最終的には属性ごとに各タイプのガーディアンを揃えていくことになるのだとは思います。

初めのうちはそこまでガーディアンは揃いませんが、まずはタイプをしっかりと理解して戦っていきましょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    二つ名はジンニーについてるなら違う気がするオービットサーガのころとおなじならつよくなかった記憶があるし…
    新しいキャラについてないんじゃないかとおもったり

    • 所長 より:

      コメントありがとうございます。
      二つ名についてはこちらでもコメントいただいた通り、強さとは関係なさそうですね。
      追記しておきます。