【ピリオドゼロ(ピリゼロ)】リセマラ方法と当たりキャラ、ゲームの雰囲気について

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad1

※2017年5月31日サービス終了

お手軽戦略カードゲーム「eriod zero(ピリオドゼロ / ピリゼロ)」のリセマラ方法と当たりについての解説です。

スポンサーリンク

ピリゼロのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:8分
  • ガチャから最高レア度が出る確率:1.14%
    • ☆5…1.14%
    • ☆4…10.83%
    • ☆3…47.42%
    • ☆2…20.31%
    • ☆1…20.31%

リセマラ自体はアプリ(データ)削除で行えます。

☆5の確率がかなり低めですので、☆4で妥協するのも選択肢としてはアリでしょう。

リセマラの流れ

  1. データダウンロード
  2. アカウント設定
  3. チュートリアル
    1. 初期デッキ選択
    2. デュエル
    3. ソウルカード
  4. プレゼント回収
  5. ガチャ
  6. リセマラ終了or継続の判断

リセマラ方法の詳細解説

はじめにデータダウンロードがあります。通信環境の良いところで行いましょう。

その後のストーリー部分はスキップできないので、ひたすらタップして進めます。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad2

すぐにアバターの設定を行うことになります。

名前は後からでも変更できるため、ここでは適当でも大丈夫です。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad3

アカウントの設定が終わるとチュートリアルが始まります。

まずは初期デッキを選択します。属性によって特色があるので好みの属性を選びましょう。

リセマラの最初の3回は一通り試してみても良いかと思います。その最中に☆5を引いたら、それはそれで運が良かったということで…。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad4

続いてデュエルを行いながら解説を聞いていきます。

デッキは5枚構成でカードのスピード、前衛時の攻撃力、後衛時の攻撃力、属性、そしてアビリティを踏まえつつ場に出していきます。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad5

アビリティを意識しつつも、属性判定でできるだけ勝てるような出し方を心がけていくと良さそうです。

チュートリアル中のデュエルは相手の属性が決まっているので、有利属性を前衛に出すようにしていくと早く勝負がつきます。

デュエルにかかる時間を短縮できればリセマラ時間も短くなります。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad6

デュエルの後には、ソウルカードを使ってソウルをカード化できます。

ここでも☆5カードが手に入る可能性があるので「使う」を選択しましょう。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad7

これでチュートリアルがおしまいとなります。

ホーム画面でプレゼントを回収し、ガチャに向かいましょう。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad8

受け取ったガチャチケットとピリオドコインを使って、できるだけのガチャをしていきます。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad9

…私は☆4が限界でした。

☆5も出そうな気がしたんですけどね、気がしただけでした。

リセマラの当たりと落としどころ

☆5が手に入るのがベストで、特に天照大神はガチャでしか手に入りません。

一方、それ以外の☆5である

  • アテナ
  • ジョカ
  • キングアーサー

は、デュエル後のソウルカード使用によっても手に入る可能性があります。

%e3%83%94%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%89%e3%82%bc%e3%83%ad10

☆5の確率は1%程度と低いため、☆4で妥協するのも一つの手だとは思います。

とはいえ、ピリゼロではカードに育成要素もあるため、レベルが上がってきたときのステータス差が大きくなる可能性も十分にあります。

少し遊んでみて長く遊びそうだと感じたら、リセマラをがんばっておいた方が後悔せずに済みそうです。

最後に

スタミナ制ではないので、好きな時に好きなだけデュエルが楽しめます。

デュエル自体はそこまで複雑ではないため、あまり複雑なのはちょっと…という人にはちょうど良さそうに思います。