スマホで遊べるオススメPvPゲーム特集

シェアできるよ

スマホで対戦ゲームがしたい。

最近はリセマラ不要のゲームが増え、その中でも対戦がメインコンテンツのゲームが増えてきました。

据え置きでも遊べるタイトルのスマホ版なども登場していますが、スマホの対戦ゲームは時間泥棒と言われる程に気づけばずっと遊んでいられるゲームが多いです。

後から始めると不利じゃないか?と言われるとそうでもなく、プレイヤーランク等で区切られており自分と同程度のプレイヤーと遊べるように設計されています。

一部例外として下のランクに落ちてきた上位プレイヤーとか月の変わりでランクが落ちてきたプレイヤーなどもいますが、あくまで例外です。

このページではランキング形式ではなく、プレイヤー同士の対戦コンテンツがメインのゲームを纏めています。

アリーナ等基本はPvEでサブコンテンツとしてプレイヤーと対戦を行うゲームは除いています。

主にカードゲームやリアルタイムストラテジー、対戦型ボードゲームを取り扱っています

第五人格やPUBGは省いています、今後も追加していく予定です。

  • カードゲームは不要なカードを削除する事で手に入るアイテムで必要なカードをクラフトが可能。
  • リアルタイムストラテジーはギルドに入る事で回数やレアリティは制限されているがカードを交換したり貰う事が可能、渡した方にも経験値が入るためお互いにメリットがある、多くの場合ランクでキャラクターが解放されるのでガチャ要素が薄い。

シャドウバース

恐らく国産デジタルカードゲームでは最も有名な作品、店舗での大会やゲーム内でのグランプリなどが多く開催されている。
ゲームバランスについては賛否分かれる部分もあるがとにかく挙動が派手なコンボが多くカードゲームを始めて遊ぶ人には評判が良かったです。

ハースストーン

2014年から続く元祖デジタルカードゲーム、ハクスラゲーのDiabloを開発したBlizzardの作品「ウォークラフト」を背景世界としている。
カードデザインには独特な物が多くキャラクターデザインも濃い。
数か月に1度ローテーション落ちと呼ばれる使用できるカードセットの更新が行われるため新しくプレイを始めても大きく資産の差が出ない。

#コンパス

国産MOBAでは最も有名なタイトル、ゲームイベントでは大型のステージで公開対戦が行われる事もある。
3vs3で行う陣取りゲーム、制限時間内に相手の陣地を全て奪うか、制限時間後に多くの陣地を獲得していたチームの勝利となる。
ヒーロー毎に異なる性能を持っている、ボーカロイドやギルティギアなどのコラボも行われている。

ワンピース バウンティラッシュ

4月7日からメンテナンス、翌年1月に長期メンテナンスから復帰を果たしたワンピースを元にしたMOBA
最大プレイヤー4人vsプレイヤー4人のチーム対戦アクション、キャラクター毎に用意されたクラスや特性を活かし相手の陣地からベリーを奪い合う。
仮想パッドや攻撃ボタンを使用するためアクション性が高めとなっている。

クラッシュ・ロワイヤル

Supercellが贈るクラロワ系と呼ばれるRTSの元祖、デフォルメされた3Dキャラクターが中心の川や塀で区切られたフィールドを自動で移動し相手の陣地にある相手タワーを破壊する事で勝利となる。
勝利すると貰える宝箱を開封する事でアイテムを貰えるため実戦を繰り返す事で強くなれる、ランク戦は自分と同じ腕前のプレイヤー同士で遊べるので序盤は課金・無課金の差は感じにくい。

ウィムジカル・ウォー

陣地を取るか、タワーを攻めるか!二通りの戦略が存在するリアルタイムストラテジー
ユニットを配置すると自動で進行し、進んだ先が自分の陣地になる、陣地内であれば好きな場所にユニットを設置が可能、ユニット毎に特性があり行動も異なるためデッキを組む段階で勝ち筋を決める事が重要となる。
ユニットが動物をベースとしているデザインで可愛い、重要。

リボルバーズ・エイト

通称リボハチ、SEGAの贈る童話をモチーフとしたリアルタイムストラテジー
バイクに乗ったシンデレラ、SNS少女の赤ずきん、スイス傭兵ハイジvsパワースーツで立つクララなど特徴的なキャラクターが特徴、アニメ調の3Dモデルが自動的に敵の陣地へ移動する。
ランクを上げる事で新たなヒーローが解放されていく、RTSの中では日本人向けなデザイン。

CHRONO MA:GIA

パズル&ドラゴンズのプロデューサーが贈るカードゲーム。
リーダー毎に複数のスキルが用意され、選択したスキル×デッキによる様々な選択が可能、ガンホーの大ヒット作である「パズドラ」のキャラが追加されるなど自社コラボも開始、じっくりと遊べる内容のためルールを覚えながらカードを集めていく楽しさがある。

ファイトリーグ

モンストのXFLAGが贈るボード型対戦バトル、多種多様なブランド(ユニットの所属)があり、ブランド毎に長距離が得意、火力が高い等の特徴がある。
ユニットは決まった方向に攻撃を行い、相手のユニットやリーダーを倒す事で勝利となる。

ナナカゲ~7つの王国と月影の傭兵団~

4×5のマス目状のフィールドで5人のユニット(団長1人とその他ユニット4人)とスペルカードを駆使して戦うターン制のストラテジー、新しい作品だがリリース初日で無料ランキングTOPを獲得。
チェスやFEシリーズのようにユニットを移動させ、相手のユニットを全て倒すかリーダーを倒せば勝利。
ターン数の制限があり8ターンを過ぎると終了、撃破数で勝者を決める。

ガンビット

ジオラマ風のチームバトル!最大9人でのマルチプレイ、時間で変化する4つのバトルシステムとやりこみ要素が満載のタップアクション。
ビットは購入形式となっておりモンスターや巨大ロボットに搭乗して戦う事もできる。
城とドラゴンに搭乗するキャラクターモデルも登場!

ガンビット

ガンビット
開発元:Asobism.Co.,Ltd
無料
この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク

シェアできるよ