【ルービックモンスター(ルビモン)】リセマラは簡単!でも当たりが分かりづらい…

ルービックモンスター(ルビモン)のリセマラ方法とガチャの当たりについて解説していきます。

なお、調査時点ではiOS版のみリリースされています。

ルビモンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS

スポンサーリンク

ルビモンのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:5分
  • ガチャから最高レア度が出る確率:不明

ルビモンのリセマラは一般的なアプリ(データ)削除で行えます。

初回ログインのプレゼントで貰えるダイヤ40個でガチャが8回できるので、それを使ってリセマラをしていきます。

リセマラの流れ

  1. 規約に同意
  2. 名前入力
  3. パートナー決定
  4. チュートリアル
  5. データダウンロード
  6. ダイヤ回収
  7. ガチャ
  8. リセマラ終了or継続の判断

リセマラ方法の詳細解説

はじめに規約に同意して名前を入力します。名前は重複OKで、あとからプロフィールのところで変更可能です。

続いてパートナーとなるモンスターを選びます。いわゆる御三家です。いずれも☆4で基本的に属性違いなだけですが、リーダースキルはけっこう違っています。

パートナー候補の3モンスターについては後述しているので、気になる方は参考にしてみてください。

パートナーを選んだらチュートリアルが始まります。

簡単に言うと、パズドラのルービックキューブ版です。制限時間内にパネルを操作して3つ以上揃えて攻撃します。また、モンスターの捕獲もできます。

チュートリアルは短めで、それが終わるとデータダウンロードが始まります。

データダウンロードが終わればそこからは自由に行動可能です。プレゼントを受け取り、ガチャに向かいましょう。

再調査時点では、40個のダイヤが貰えました。

イベントガチャがあればイベントガチャを、開催されていなければ通常のレアガチャをしていきましょう。

ガチャの演出では、飛んでくる星の色でレア度が予想できます。

  • 青…☆3
  • 銀…☆4
  • 金…☆5

なお、☆6以上のモンスターが出るかは不明です。

ここでのガチャで納得いく結果が得られればリセマラ終了、そうでなければリセマラ続行となります。

御三家モンスターのステータス

御三家モンスターはいずれも☆4で属性違いです。リーダースキルに注目して選ぶと良いでしょう。

イグニス

リーダースキルがコンボ数に応じて攻撃力アップという効果になっています。攻撃力アップ系のリーダースキルは使いやすい印象です。

ベスリア

コンボ数に応じて味方全体がHPを回復するというリーダースキルです。回復量にもよりますが、ダメージを受ける前提のリーダースキルなため、攻撃系のリーダースキルよりはおすすめ度が低めです。

ミュリー

使った水パネルの数に応じて攻撃力が上がるというリーダースキルです。水パを作る際には使い勝手が良さそうです。

リセマラの当たりモンスターは☆5…でいいのかな

ガチャからどのレア度のモンスターが出るのかが明記されていないため、☆5でリセマラを終えていいのかが分かりません…!

ですので、とりあえずは各ガチャで紹介されているモンスターの☆5(以上?)を狙っていくのが無難そうです。

具体的には、ヘル、リューカ、シーエルト…

そしてイベントガチャで出るヘラ・ノーブルといったところでしょうか。

確率も不明なので、どの程度がんばるかはルビモンの楽しさ次第で判断しましょう。

その他の☆5と気になった☆4モンスター

千代女

☆5で出てきた千代女。リーダースキルで神秘タイプの攻撃力が1.2倍になります。1.2倍という倍率は☆3モンスターでも持っているものがいるので微妙かもしれません。

バックス

リーダースキルは回復力アップですので、リーダーとして使うのは微妙そうです。スキルも、なんとも言えない感じです…。

パンドラ

パンドラは☆4で出てきましたが、かなりの変わり種です。パネルの移動時間が減ってしまうものの、味方全体の攻撃力が2倍になります。パネル操作が得意な人であれば、リーダーとして使っていきたいモンスターなのではと思います。

リセマラのメインで狙うというよりは、できればサブで出てくれたら嬉しいタイプのモンスターと言えそうです。

スキルについて

少し分かりづらいのでスキルについて補足しておきます。

  • リーダースキル:使用するキャラがリーダーのときに発動するスキル
  • スキル:カウントが0になったら手動で発動できるスキル
  • パネルスキル:そのキャラと同属性のパネルを縦1列消したときに発動するスキル

最後に

リセマラ作業自体は簡単ですが、当たりの判別が難しい印象です。

また、iOS版のみのリリースということもあり、攻略情報もあまり出回らない可能性が高いです。

逆に手探り感を楽しみたい人には良さそうなゲームですね。

ルビモンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS