【三國志レギオン】リセマラ方法とガチャ回数を増やすコツ、当たり武将について

三國志レギオンのリセマラ方法と当たり武将について解説していきます。

ひと手間を加えればガチャ回数が増やせるので、ぜひ参考にしてみてください。

三國志レギオンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS  ⇒Android

スポンサーリンク

三國志レギオンのリセマラ方法

  • リセマラ1回の所要時間:8分
  • ガチャから最高レア度が出る確率:1.5%
    • UR…1.5%
    • SR…10%
    • R…88.5%

三國志レギオンのリセマラは一般的なアプリ(データ)削除で行えます。

リリース記念キャンペーンで仙玉1500個が貰える4/28までがリセマラのチャンスです。

リセマラの流れ

  1. 名前入力(後から変更可能)
  2. チュートリアル
    1. バトル×3回
    2. ガチャ
    3. 編成・強化
  3. 仙玉を回収
  4. ガチャ
  5. 仙玉をさらに回収
  6. ガチャ
  7. リセマラ終了or継続の判断

リセマラ方法の詳細解説

データダウンロードはなく、いきなり話が始まります。
まずは名前入力(後から変更可能)をします。

続いてチュートリアルが始まります。
三國志レギオンは戦況に合わせて部隊を操作して戦うリアルタイムストラテジーで、けっこう頭を使う感じのゲーム内容となっています。

特技、戦法、陣形、合流と分離など、一通りの説明があるので、最初くらいはしっかりと聞いておいた方が良いでしょう。

その後、仙玉ガチャが1回できます。
ここはSR以上確定のようです。

続いてポイントガチャをして、編成と武将の強化をします。
そしてホーム画面などの説明が終わったらチュートリアルは終了です。

贈り物から仙玉を回収してガチャに向かいましょう。

再調査時点では仙玉が200個しか貰えませんでした(受け取った段階で計600個)。

ガチャ3回分の750個まで集めたいので以下の2つを行います。

  • ポイントガチャを10連(仙玉100個、ミッション「無期限」から回収)
  • ストーリー1章エピローグをクリア(仙玉50個)
もし「武将を10種類手に入れよう」を達成できていなかった場合は、ポイントガチャをもう少し回して達成させましょう。

仙玉が揃ったらガチャに向かいます。
「毎日割引ガチャ」は有償の仙玉限定なので無視して、通常の仙玉ガチャを回します。

リリース直後は10連分の仙玉が手に入りましたが、今はもうできません…。

このガチャによって以下のミッションがクリアできているはずです。

  • 仙玉ガチャで武将を手に入れよう(仙玉250個)

これで貰える仙玉でもう1回ガチャができます。

ここまでのガチャで納得いく結果が得られればリセマラ終了、そうでなければリセマラ続行となります。

リセマラの当たりについて

リセマラで狙うはURです。

URの確率が1.5%と低いので、そこからさらに特定の武将を狙うのは諦めた方が良さそうです。

調査時点で入手可能はUR武将は以下の7人です。

  • 曹操
  • 司馬懿
  • 孫策
  • 周瑜
  • 劉備
  • 諸葛亮
  • 呂布

このうち、曹操、諸葛亮、呂布はガチャ画面からある程度の性能が分かります。

URだからといって必ずしも高コストというわけではないのがポイントです。
後述するコスト上限の話もありますので、高コスト=強い という考え方は捨てておきましょう。

ともあれ、1体でも出てくれればリセマラ終了で良いくらいに厳しめな確率・ガチャ回数です。

部隊編成のコスト上限は30で固定

部隊編成のコスト上限はずっと30なので、「高コストの武将をとにかく突っ込めばいい」ということにはなりません

相手や武将同士の相性なども考えた上で、コストを各武将に割り振っていくことが重要となります。

リセマラに頼らず、手持ちの武将を駆使して戦っていきたいという方は、SR以上確定となる10連ガチャまで仙玉を温存しておくというのもありだと思います。
チュートリアル後にガチャをしないまま15分程度プレイすれば、10連分の仙玉が貯まるはずです。

自動戦闘機能もあるので、始めのうちは楽に進められるかと思います。

最後に

チケットガチャの確率が渋くてびっくりしました。
リセマラをするならリリース記念キャンペーンの仙玉が貰えるうちに終わらせたいですね。

三國志レギオンのダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ。
⇒iOS  ⇒Android