【メモデフ】ダメージ計算と育成の優先順位

メモデフの10-2「デュエル」で行き詰ってしまい、その合間にダメージ計算や武器の特性やらを調べていました。

その結果、色々と見えてきたものがあったので書いておきます。

⇒ 武器の特性や相性、属性一致ボーナスについてはこちら

スポンサーリンク

ダメージ計算式

 与ダメージ

敵を攻撃した際に与えられるダメージはAttackの一次関数になっているようです。

やる気のないグラフで申し訳ないですが、横軸がAttack、縦軸が与ダメージです↓

31

いずれも片手剣で同じ敵を攻撃した時に取ったデータを使いました。

Attackが一定以上ないと、敵のDefenseを突破できずに1ダメージとなってしまいます。

特に防御力の高い敵に対してAttackの差が影響しやすいようですね。

2-7、7-9、10-2でデータを取ってみたのですが、面白いことにいずれもグラフの傾きは約0.5でした。

つまり、「キャラのAttackを100上げればダメージが50増える」ということです。

他の武器では試していないので係数がどうなっているかは分かりませんが、傾向としては同じような感じなのだと思います。

また、すべての敵で試したわけではないので、今回の結果がたまたまだった可能性もありますので、鵜呑みにはしないようにしてください。

被ダメージ

敵から受けるダメージも、与ダメージと同様にDefenseの一次関数となっているようです。

横軸がDefenseで縦軸が被ダメージです↓

30

このグラフのデータは10-2で取ったものです。

この時の傾きは-0.1強で、Defenseを100上げてもダメージは10ちょっとしか下がりません。

しかし敵によっては傾きが-0.3程度になる場合もあり、与ダメージの時と違って傾きは敵によって大きく変わるようです。

いずれにしても、Defenseも高いに越したことはないというのは間違いなさそうです。

育成の優先順位

キャラ

☆4を持っているのであれば☆4を優先して育成しましょう。

☆4が複数いるのであればもう好きなキャラから育てていけば良いと思います。

使えるEXPポーションや能力解放用のアイテムは、レベルが上がっていくと枯渇しがちになるので、色々なキャラを均等に育てていくのはオススメできません

スタメン入りが確実な数キャラを集中して育成していくのがベストです。

しっかり育ったキャラがいれば、その後の育成やアイテム集めも楽になります。

参考までに、☆4と☆3のステータスを比較してみましょう…といっても、レベルも違えば能力解放の具合も違うのであまり参考になりませんが。

比較するのはLv55の【風林火山】クラインと、Lv66の【黒のスプリガン】キリトです。

33

34

いずれも能力解放が中途半端であれですが、やはり☆4のステータスは☆3よりもだいぶ高いですね。

レベル換算で10~20くらいの差は出てくるのではないでしょうか。

低いレベルで高いステータスに到達するということは、それだけ育成が楽ということでもあります。

最初から全力でリソースを注げるので、やはりリセマラや課金で序盤から☆4を持っているとサクサク進めやすいのではないかと思います。

ステータス

AttackとDefenseを優先して上げてるべきです。

特にAttackは上昇による効果が顕著に出ます。

とはいえ、実際にはキャラのレベル上げをしつつ、その日の曜日クエストで必要な分の結晶を集めて…みたいな流れになってしまうとは思います。

通常クエストでも構わなければ、8-2が攻撃結晶集めに良かったです(他にも良いクエストはあると思います)。

攻撃結晶は武器の強化にも使えますし、行きたいクエストがなければ適当に集めておくことをおすすめします。

余談:10-2「デュエル」をあっさりクリアできた話

あれこれ調べつつクラインを育てて、改めて10-2に行ったらあっさりクリアできました。

一応、どんな感じに戦ったのかを書いておきます。

基本は近づいて攻撃を誘ってからの回り込み&攻撃です。

3連撃の時は隙が大きいのでスキルを使ってダメージを稼ぎます。

3連撃でないときは、調子に乗って攻撃しているとすぐに攻撃されてしまうので、1,2回攻撃したらすぐに離れるようにします。

32

HPが全然減らないように思えますが、半分程度削ればクリアとなるので、そこを目指してコツコツ削っていきましょう。

下手にパリィを狙わず、ヒースクリフの攻撃をしっかりと避けることが最も重要なポイントです。

コメント

  1. SAOファン より:

    参考になりました。