【シャドウバース(シャドバ・シャドバス)】ルピとクリスタルの入手方法と稼ぎ方のコツ

シェアできるよ

SSU3

好評配信中のShadowverse。

今回はパックを開封するために必要になるルピの稼ぎ方・クリスタルの頭の良い買い方をまとめました。

スポンサーリンク

パックを開けてカードを増やそう

現在買うことができるのは、スタンダードカードパックだけです。

基本的には、1パックに合計8枚のカードが封入されており、カードにレア度が設定されています。

パックからの排出率の内訳は、

  • レジェンド……1.5%
  • ゴールドレア……6%
  • シルバーレア……25%
  • ブロンズレア……67.5%

となっています。

また、最高レア度のレジェンドカードは24種存在するため、狙ったレジェンドカードが排出される可能性はたったの0.06%……こう考えるとかなり低く思えますね。

このスタンダードカードパックを開ける(買う)方法は、全部で3つあります。

以下、順番に解説していきます。

チケットで買う

スタンダードカードパックのチケットを使うことで、パックを買うことができます。

こちらは

  • ○○万ダウンロード記念やお詫びの品で運営からプレゼント
  • チュートリアルのクリア報酬
  • Game CenterやGoogle Playアカウントの連携
  • ミッションの報酬
  • アチーブメントの達成報酬

といったことで入手可能です。

『スタンダードカードパックチケット』という名前での配布なので、今後追加されるであろう
パックには適応外になるため、もらった瞬間からドンドン開けていきましょう。

ルピで買う

いわゆる、ゲーム内通貨です。

ルピを100貯めることでパックを買うことができます。

ルピはストーリーのクリア報酬やミッションのクリア報酬・アチーブメントの達成報酬で入手可能です。

今現在は、スタンダードカードパックしか存在しませんが、今後追加されるであろう新パックなどにも適応できる可能性が高いため、貯めておくのも一つの手です。

所持カードが少ないうちや、欲しいカードがある場合は、使ってしまうのも有りです。

ミッションとは?

SS2

ミッションとは、毎日更新されるデイリークエストです。

クリアした段階から24時間後に新しいミッションが配信されます。

ルピを最高効率で稼ぐには、なるべく早くミッションをクリアし、新しいミッションを貰うことが必須です。

アチーブメントとは?

SS3

アチーブメントとは、1度だけ受け取れるクエストです。

一度クリア報酬を受け取ると、それ以降は同じクエストは出現しません

アチーブメントをクリアすると更に高難易度のアチーブメントが開放され、それを順番にクリアしていくことになります。

クリスタルで買う

SS4

こちらもルピと同じくゲーム内通貨ですが、入手するためには実際のお金(円など)を使う必要があります。

一度にたくさんのクリスタルを購入するほどお得になっています。

また、1度だけ600クリスタルを720円で買うことができます。

基本的には100クリスタルで1パックの料金ですが、1日1回だけ、半額で1パック買うことができます

朝の9時に半額セールに更新されるので、『おはガチャ』なんて呼ばれてたりします。

200万ダウンロード記念の際、クリスタルのお得パックが期間限定で発売されていたため、今後もこういったキャンペーンが来る可能性を考えると、通常期間に課金してしまうのは少し勿体無いかもしれません。

かといって、来るか来ないか分からないキャンペーンを待つか待たないかは、自分次第です。

課金をする必要があるか否か?

答えは否です。

長く続けていれば、必然とカードは揃うからです。

毎日コツコツとプレイしていくことでルピは手に入りますし、後述するカード分解という機能もあるので、理論的には0.06%のレジェンドカードも3枚揃えることができてしまうのです。

一方で、シャドウバースにおいては、1つのデッキに入れられる同じカードは3枚までなのですが、安定したデッキを目指すのならば同じカードが3枚必要になることが多いです。

したがって、できるだけ早くカードを揃えたい、対戦で勝利したいと考えるのであれば、やはり課金していく必要性が出てきます。

カード分解・レッドエーテルとは?

SS5

このゲームには余剰カード分解という、4枚以上所持しているカードを分解して別の欲しいカードを生成する機能があります。

分解した際に獲得できるのがレッドエーテルで、カードの素みたいなものですね。

つまり、被ったカード・不要なカードをレッドエーテルに戻し、レッドエーテルを消費してカードを生成することで、欲しいカードを不要なカードで作ることができるのです。

しかし、1枚のカードから同等のレア度のカードを作ることはできません。

カードを何枚か犠牲にして、1枚の好きなカードを生成、と考えると分かりやすいと思います。

残念なことに等価交換の原則は適応されないようです……。

それでもこの機能があるだけで、欲しいカードがかなり手に入りやすくなっています。

カード分解を上手く活用して、理想のデッキに近づけていきましょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    糞  タイトルに嘘あり