【神剣のバクヤ】リセマラは不要、オートプレイで簡単操作なMMORPG

シェアできるよ

超簡単な遊び方、超熱血のバトル
自動で経験値を集めてくれる「自動戦闘システム」レベル50までは完全オートプレイ、

『神剣バクヤ』は全世界で1000万ダウンロードを記録したMMORPG、ガチャ要素はなくリセマラも不要です。

タイトルが変更される前は「ソードウォリアーズ-無双神剣-」でした。

「神剣バクヤ」のダウンロードはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

『神剣バクヤ』ゲームの雰囲気

ゲーム開始から50レベルまでは完全オートプレイができるMMORPGです。

まずキャラクターの選択を行い、男女のキャラクターを選び、名前を入力します。

性別、名前は変更可能ですが元宝で購入できるチケットが必要です。

その後クエストが始まります、クエストの受注、確認なども放置して数秒経つと自動で進行するためスマホ画面は開いたままで放置しておくとレベルが50まで上がっているというお手軽なシステムとなっています。

操作はオーソドックスな左側の仮想パッドで操作、右側のボタンでジャンプ・スキルの使用ができます。

装備は合計で8個獲得することができ、クエストを進めるうちに入手が可能です。

ゲームを進めると「騎獣」と呼ばれるものに騎乗することができるようになります、他にも「仙女」と呼ばれるNPCのパートナーシステムや、宝具などの必殺技が解放されます。

キャラクターのアバターなどの外見もセット装備『剣魂』により変更が可能です。

その後レベルが上がるごとに経験値ダンジョンなどが解放されていき、レベリングもオートプレイが可能のためサクサクと上がっていきます。

装備の強化は費用や素材を使って★を上げていくシステムとなります。

『神剣バクヤ』ではガチャがなく、ゲーム内マネーの「宝元」は経験値アップやボーナスアイテムなどで使用します、ゲームを進めているだけで溜まっていくのでレベル上げが詰まったらガンガン使っていきましょう、元宝などの獲得したアイテムはバッグに一度収納されるので、バッグからアイテムを選び「使用」しておきましょう。

特徴的な結婚システムがあり、レベル60で解放されます、結婚を行うと限定の報酬やダンジョンを攻略可能になり、さらに結婚相手と同時にログインすると能力値上昇のボーナスが貰えます。

ゲームのシステムや外見は古くから馴染みのあるものとなっており、『ラグナロクオンライン』やほか中国系MMORPG遊んだことのあるユーザーなどにはすぐ馴染めそうです。

ソロでのダンジョン攻略だけではなく、マルチプレイや1vs1のPvPなども可能です。

レベルが50を超えた後は、デイリー任務のクリアでアイテムを入手したり、イベントに参加、高難易度ダンジョンに挑戦しましょう、ギルドに入るとボーナスがもらえるのでギルドには入っておいて、ダンジョン攻略などを手伝ってもらったりするのもいいと思います。

『神剣バクヤ』の補足・一言

ペットや騎獣、仙女などプレイヤー以外にも育成要素が多く、レベリングが好きな人には向いていると思います、サーバーは現在5サーバーあり、新規プレイした場合は最新のサーバーが選択されています。

ユーザー数はそれなりにいるのかチャットも賑わっていました。

「神剣バクヤ」のダウンロードはこちらからどうぞ!