【テクテクテクテク】リセマラは不要!移動しなくてもできる位置ゲーム!

シェアできるよ

いつもの街が冒険の舞台に!一生歩けるRPG誕生!歩いて地図を塗りつぶし、モンスターとバトル。巨大キャラが現実の風景に溶け込んだリアルな写真を撮ってシェアしよう!

いつもの街を塗っていこう!
塗られた街区は「ファンタジー化」され、宝箱やゴールドなどを手に入れたり、モンスターが現れたりするぞ。
通勤、通学、散歩や旅行で、身近な場所から日本全国を塗っていこう!

「テクテクテクテク」のダウンロードはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

『テクテクテクテク』ゲームの雰囲気

まずゲームのダウンロードを終えると利用規約の同意を行います。

当然ですがその後位置情報の設定をONにしましょう、しなくてもゲームは開始できます。

その後キャラクターメイクを開始します、キャラクターは「ボーイ・ガール」のほかに「三日月あゆみ・近衛陽光・M-三十九型」などのキャラクターが用意されています。

キャラクターを選んだあとにカラーを選択します、最後に名前の入力をします。

キャラクター・カラー・名前は後からいつでも変更が可能です。

その後ゲームのチュートリアルを開始します、まずは指示に従い青く光っている場所をタップします。

『テクテクテクテク」はMAPから見える青く光っている部分を塗りつぶしてゲームを進めます。

画面をスワイプする事でカメラが移動するため、デスクに座ったままでも、その場から移動する事もなく周囲の地図を塗りつぶす事が可能です。

まずは周囲の青く光っている場所をひたすらタップして塗りつぶしていきましょう。

タップしたエリアがファンタジー化し、森や平地が出現します。

塗りつぶしていくうちにランクが上昇します。

プレイヤーランクとプレイヤーレベルは別々にカウントされていきます、ランクが上昇すると機能が解放され、レベルが上昇するとステータスが上昇します。

ランクは地図上の道で囲まれたエリアを塗って獲得できるポイントが一定になるとアップします。

レベルはバトルで勝った時に獲得できる経験値で獲得できます。

さらにMAPに出現するアイコンをタップする事でモンスターとのバトルを行えます、モンスターを倒していくと経験値が溜まりレベルが上がります。

ランクが1になるとAR機能やプレイヤー情報などが確認できるようになります。

プレイヤー情報画面で事前登録特典などを受け取りましょう。

「テクテクテクテク」ではガチャの要素はなく、課金石である「歩行石」は宝箱の開封や敗北時のコンティニューなどに使用します。

さらにレベルが上がると「ドリップ」機能が追加されます、ドリップとはアイテムやモンスターからアイテムを抽出する機能です、町の探索やモンスターを倒す事で手に入るアイテムを抽出する事で装備やアイテムを獲得する事ができます。

抽出される内容はアイテムを押している間に表示され、何が抽出されるかはガチャのように確率が設定されています。

また、「テクテクテクテク」には大型ボスと呼ばれる強力な敵が配置されており、エヴァンゲリオンから「サキエル」小林幸子、ポプテピピックから「ポプ子&ピピ美」シン・ゴジラからゴジラがコラボボスとして登場しています。

また、1エリアに1体の分布ではなくたまに複数体近くにいるようです。

また「テクテクテクテク」では「となりぬり」という機能があり、テクテクポイントを消費する事で「すでに塗った場所に隣接する「街区」を塗ることができます」

この機能を使用することで長距離の移動をしなくても遠くの街を塗る事ができます。

消費するテクテクポイントは塗り広げる街の大きさによって変化します。

さらにランクが3になると「予約塗り」が解放されます。

予約塗りを使用する事で現在地の近くにある街が赤い枠で囲まれ、通り過ぎた後にその赤枠の中が「予約」されます。

24時間以内にその予約した場所を塗る事ができます、この機能ランク3になると自動で設定されるのでアプリ内から設定する必要はありません。

ただしバックグラウンドでは使用されないため、使用している機器の自動スリープ機能が切れると切れた後に通った場所は予約されないため注意しましょう。

※ゲームをプレイしながら歩く時は周囲に気を付けて歩きましょう。

遠出をした時は予約塗りを使う事で後からでも塗りつぶす事ができるので周りの風景や周囲の環境を楽しみましょう。

写真や地図のスクリーンショットを撮影する場合は地域の情報などで個人情報が漏れないように注意しましょう。

「テクテクテクテク」の感想

この記事を書いている間一歩も歩くこともなく地図を塗りつぶす事ができています。

これからの時期は寒さや悪天候で外出が大変な時もあります、コタツに入りながらMAPを探索し、バトルで経験値やテクテクポイントを集め、となりぬりで遠くの街を塗りつぶし、たまに遠出をした時に予約塗りで一気に範囲を広げる、もしくは旅行先で普段いかない場所を一気に塗り広げる、といった遊び方もできると思います。

ポケモンGOや妖怪ウォッチワールドとは異なった遊び方ができる位置ゲーム、そのうちVR対応とかしてファンタジー化した街の中を自分の視点で遊べたりしないものでしょうか。

アプリアイコンにもなっている信号機ねこ、夜中の交差点にいたら私は逃げます。

「テクテクテクテク」のダウンロードはこちらからどうぞ!